講師紹介

オーナー近影

   長野 武(ながのたけし)


プロフィール

1979年生まれ。明石市在住。

中学生の時、友人にバンドに誘われてベースを始める
家にあった父親のフラメンコギターを見つけ、バンドの合間に独学でクラシックギターの練習を始める
関西外国語大学のスペイン語学科に進学し、ギター部に所属する
大学3回生の時に「日本ギターコンクール」大学生の部で金賞、並びに読売賞を受賞
これまでに山崎繁、稲垣稔、松岡滋、岡田一博、各氏に師事
ホセ.M.クエンカ、J.M.レーモンのマスタークラスを受講
現在は明石市、神戸市、三木市にてギター教室を主宰
オカリナ&ギター「coogoo」として演奏活動をしている
2015年よりアンサンブル「オクトパッション」を主催
「祇園祭り」「星と音楽のプラネタリウム」「グラナダ」など関西各地で演奏
2018年より台湾での演奏活動をはじめる
第4回神戸マラソンに参加し、無事完走。


講師から一言

ギターの魅力は色々ありますが、一番は木の音色でしょうか。
木の振動を体で感じて、中から音が出る感じが好きですね。
ギターの始めるきっかけに「弾いてるところが格好いい」とかあるかもしれませんが、
楽器は「音が好きかどうか」が一番大事です。ギターの音が好きなら続けていける素質があります。
ギターはとても難しいですが、コツコツやれば必ずうまくなります。
諦めずに「音を楽しみながら」練習して下さい。

 


レッスン室


教室風景